肌荒れが治らない!原因は「保湿」だった!?※閲覧注意

美容

今回はみなさん一度は悩んだことがあるのではないでしょうか。

「肌荒れ」

「ニキビ」

「大人ニキビ」

「吹き出物」のお話。

わたしもどうしても治らない肌荒れで

半年以上悩んだひとり。
スキンケアをアレコレ試したり、食生活を見直してみたり
一通りネットで検索して「良い」とされるものは試したが一向に治らず。..

鏡で自分の顔をみるのもしんどかったし、肌のきれいな人をみると心の底からうらやましかった…。もう一生この肌で生きていかなきゃいけないなんて…絶望的だった。

藁をもすがる思いで
市で一番評判の良い皮膚科に駆け込んですべてが解決されました。

半年悩んでやっとわかった!
わたしの肌荒れの原因

「保湿」!!

世の中では

「保湿」「保湿」「保湿」!!!

美肌=保湿 といった風潮がみられますが、
正常なお肌のターンオーバーが起こっていない限り、保湿は肌荒れの主悪の根源と化す!!

じゃあ、どうしたら肌荒れ治るの?
何に気を付ければいいの?
半年以上悩んだ私の実体験を交えて、そんなお悩み解決しちゃいます★

※この記事はあくまで「保湿=肌荒れ」をお伝えしたいわけではなく、ヒルドイドソフトを否定するものではありません。

27歳までのお肌の状態・お手入れ方法

思春期を迎えてからは

必ずと言っていいほどニキビ・吹き出物がありました。

逆に肌に何もないような、フラットですべすべつるつる肌だった時期なんて

一度も無かった!涙

本当に。

年数で言うと、中学校~27歳まで。

そう。

約15年!!!!

長~~~い付き合いです。

生理前は少しお顔が油っぽくなるし、必ず顎や口回りに必ずポチっと吹き出物が現れます。

吹き出物が出来たあとは、色素沈着してしまい、今では跡に残ったシミがたくさん…

このシミはいつか医療の力を借りて消し去ってやろうと思っていますww

スキンケア化粧品は、いわゆる口コミサイトを物色し、評価の高いもので自分に合いそうなものをつかっています。

半年悩んだ 過去1番の肌荒れ※閲覧注意

f:id:mamenokonoha:20200116001152j:image

わわわわ(  ゚Д゚)
30代、2児の母。

思春期から20歳過ぎ、お肌の曲がり角を迎えます。
その後、出産・育児を経て母になり
27歳の頃に

過去最強級の「肌荒れ」

悩まされました。

まず、そもそもなぜここまでの肌荒れが起きてしまったのか。

出産後しばらくの間、肌がゴワゴワしてしまい乾燥していました。

「これはホルモンバランスの関係上よくある話で仕方のないこと。」と産婦人科の先生に言われました。

「保湿をしっかりしてね。ヒルドイドクリーム処方しておくね」と言われ

その言葉を信じ、

とにかくスキンケアは保湿重視!

ヒルドイドクリームは高級化粧品の成分に近い成分が入っている保湿剤なので、女優さんなんかも使っていると聞いて、保険適用で手に入って

「ラッキー」なんて思っていました。

それからは朝・晩に化粧水・乳液のあと、たっぷーーーーりとヒルドイドを塗っていました。

が、しかし。

肌荒れの原因は「保湿」

ヒルドイドとの出会い

ここからが悪夢の始まり

治った今だからこそ「笑」をつけて言えるけどね。

まずは、使い始めて一週間。

え!?なんかすごく肌の調子がいい!!

ツヤッとしている!

毛穴が目立たなくなってる!

ヒルドイドさすが~

ありがたや〜

そして、使い始めて二週間。

頬に小さなぶつぶつとした吹き出物が出来ました。

膿をもった吹き出物ではなく、プクッと盛り上がったような白いぶつぶつ。

暗い照明の下ならわからないけど、日の光が当たるとすごくよくわかる!

一体これはなんだ!?

と思い、塗りすぎかな?と自己判断のもと、朝は塗らず夜寝る前は変わらずヒルドイド継続。

今思えば、

おかしいと思った時点で

やめるべきだった…

使い始めて三週間。

ん!?!?!?!?

顔全体に小さなぶつぶつができてる!!!

やっぱりおかしい!

そう思い、ここでやっとヒルドイド使用中止。

使用はやめたものの、「ヒルドイドっていい成分が入ってるんじゃないの?洗顔が雑だったのかな?」

なんて、どこかでヒルドイドの効果を信じた結果、ここまでの肌荒れを起こしてしまいました。

その後ヒルドイドを使用中止したものの、何ら白いぶつぶつは治らない。

お化粧のノリも悪く、今までの自分の肌とはあまりに違くて、鏡の前で絶望しました。

やっとここで皮膚科受診。

産後間もない子供を連れて自分の都合で病院に一緒に連れて行くのは気が引けてしまい、自然治癒力を信じてここまできたけど、もう我慢できない!

子供を旦那に預けて、地元では有名な皮膚科にかかることに。

そこで言われたのは…


「保湿しすぎだね。何事もそうだけど、やりすぎはよくないんだよ。
保湿しすぎたせいでお肌のターンオーバーがうまくいっていなくて、更に上から保湿保湿ってしちゃうとお肌にフタを重ねまくっちゃってるようなもの。ターンオバー出来なくしちゃってるね。」

え。

うそ~。

藁をもすがる思いで

「どうしたらいいですか!?涙」と聞きました。

皮膚科医直伝!肌荒れを直す方法=肌断食

 皮膚科の先生に言われた以下注意点

・ビタミンCを摂取する
・吹き出物をつぶさない
・スキンケアをお休みする

・乾燥する箇所にワセリンを塗る
・お肌のターンオーバーを整える

「まずはターンオーバーを整えること。

しばらくするとその吹き出物もポロっととれるからそのままにしてね。」

以上。

しんぷる~~~~~~。

なんやねん、あんだけ保湿保湿しまくったのに~

スキンケアにどれだけの気持ちと時間かけたんだ~

なにごとも「やりすぎ」はよくないのね。

ということで、ワセリンは自宅にあったでビタミンCのシナールだけ処方してもらって帰りました。

その日からお肌に何も与えない

「肌断食」をスタート!

肌荒れ改善

 先生に言われたことを注意し、しばらくの間は洗顔→ワセリンでしのぎました。

すると…

案外ワセリンだけでもなんとかなるんだね笑

ワセリン スキンケアに変えてから

3日後…

ん~なんかきも~ちニキビが小さくなってる!?

1週間後…

あれ?なんか吹き出物の「芯」が出てきたような

2週間後…

明らかに小さくなってる!!

3週間後…

肌がざらざらするような、すこしこするとポロっと吹き出物の芯が枯れたものが取れ始めた!

4週間後…

8割治ってる!

5週間後…

完治!!!!!!!

肌が生まれ変わっった~~~~

半年悩み続けた日々がうそのように…
肌荒れを起こすまで3週間、肌荒れに悩んで半年、治すまで1ヵ月強。
普段当たり前のようにしていた「保湿」も、使い方によっては肌荒れを起こします。
正しい肌のターンオーバーを起こしてあげてこそ「保湿」の意味を成します。

日頃のスキンケアで肌荒れを起こさないために

スキンケア

30歳を過ぎ、今のお肌の状態としてはとても安定しています。

27歳の最強肌荒れ期を乗り越えてからは、スキンケアや内側からのケアを大きく見直し、アプローチを大きく変えたことにより…

そして今現在・・・

吹き出物で悩むことはなくなりました。

生理前には顎周りに一つ・二つ出来てしまうことはあるけれど、吹き出物が無い日の方が断然多い!!!

過去最強の肌荒れを機に、スキンケアに対する意識は大きく変わりました!

自力でお肌にお金と時間をかけたら、その分絶対によくなる!なんて保証はない。

だって、そもそもそのケアが正しくなければ肌にとってはいいことをしているわけではないし、荒れるのは当たり前。

もともと私たちのお肌が正常にターンオーバー(表皮の新陳代謝)するのに一般的には28日かかると言われています。※個人差はあります

そのターンオーバーがうまく機能していないのに、いくら成分のいい化粧品を使っても浸透していかないわけで

古い角質が剥がれて、また新しい細胞がうまれる。

この仕組みとサイクルをしっかり理解して、自分に合ったスキンケアを考えなくてはいけない。

そのターンオーバーサイクルを意識し、その時の肌に合ったスキンケアをしてあげることが大切。

そして、

次回の記事に詳しく書きますが、、

スキンケアというのは、わたしが思うに

あくまで外側からのアプローチ。

肌に足りない栄養や水分を化粧水や乳液などで補うと言うこと。

あくまでスキンケアは「補助的な役割」くらいに思って欲しい。

その時の肌の状態、季節や機構からの外的な要因による刺激を考えて日々スキンケアを変えています。

高いもの=良いもの

でもないし

みんながつかっている=良いもの

でもないよね。

自分に合ったものを見極めて、最高な肌を手に入れよう。

基本的に私のスキンケアはいたってシンプル。

どこでも手に入るような、お値段も手ごろで、シンプルな素材でできているものを選ぶようにしています。あまりいい成分に頼りすぎても自分自身の肌が怠けてしまいそうだしね。

ふき取り化粧水でオススメはコレ!洗顔で落としきれなかった汚れも取れるし、何より刺激が少ない!

【ビオデルマ サンシビオ エイチツーオーD】

30代からのエイジングケア!これもシンプルでいいよ!

ユー 保湿×化粧水

内側からのアプローチ

わたしが思うに、お肌の具合というのは

外側3対内側7

内側からのアプローチが7割くらい占めていると思います。

内側というのは、

食べたもの。

飲んだもの。

精神的な安定。

 などなど

 どのようにケアを変えたら、吹き出物が出なくなったのか…

自己流ではありますが、次回の記事にします